• 「The Tortured Poets Department」の悲しい曲が、クリエイティブなファンによってエモ、EDM、ヒップホップ、ハードロックにリメイクされている
  • DJでプロデューサーのNick Reiner(通称Major Vibes)は、Taylor Swiftをテーマにしたパーティーを計画中であったが、最新リリースのアルバム「The Tortured Poets Department」の曲を使用したかった
  • しかし、アルバムには31曲の悲しい曲があり、パーティーには合わないと感じたReinerは、様々なジャンルにリメイクすることを決意した

私の考え:ファンが音楽をクリエイティブに再解釈し、新たなジャンルに変えることは、アーティストの作品に新たな命を吹き込む素晴らしい方法だと思います。これにより、異なる音楽愛好家たちが同じ楽曲を異なる形で楽しむことができるため、音楽の可能性が広がると感じます。

元記事: https://www.washingtonpost.com/entertainment/music/2024/05/16/taylor-swift-fans-remix-tortured-poets-songs/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください