• AIの未来は到来しています。技術や金融からヘルスケア、小売り、製造業まで、ほとんどの産業が人工知能(AI)を技術プラットフォームやビジネス運営に取り入れ始めています。
  • AIエンジニアの需要は今後も増加し続ける見込みで、米国労働統計局は2030年までにAIエンジニアの需要が23%増加すると予測しており、AIのサブ分野である機械学習(ML)エンジニアの需要も最大22%まで増加する見通しです。
  • AIスキルをチームで開発するためには、AIエンジニアを新たに雇うだけではなく、既存のエンジニアのスキル向上と再教育が必要です。
  • AIエンジニアリングの役割には、多くの共通のコアスキルが必要であり、機械学習(ML)エンジニアリングと自然言語処理(NLP)エンジニアリングのコアスキルが明確にされています。
  • 組織がAIスキルのギャップを埋めるためには、従業員のスキル向上と再教育が中心的な方法であり、AIスキルを必要とするチームに必要なスキルを高めるための最良の方法は、個別指導、実践的学習、成果指向のツールを提供する学習プログラムを導入することです。

AI技術の発展により、AIエンジニアや機械学習エンジニアの需要が急増しています。技術チームのAIスキルを必要とする能力を向上させるには、個別指導や実践的学習を重視した学習プログラムが重要です。既存のチームに対してスキルの向上と再教育を行うことが、AI技術の重要性が増す中、企業にとって不可欠な投資となります。

元記事: https://spectrum.ieee.org/your-next-great-ai-engineer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください