要約:

  • GoogleがGemini AIソフトウェアの最新バージョンを導入し、情報処理能力が向上。ユーザーはより便利な検索体験を享受可能。
  • OpenAIがGPT-4oをリリースし、迅速な応答時間と自然なインタラクションを備えたAIモデルを発表。
  • MetaがLlama3をリリースし、AIオープンソースモデルを提供。多くのチャンネルで技術を無料公開予定。
  • 米国の企業はChatGPTを活用し、Fortune 500企業の92%以上が利用。Coca-ColaやWalmartもマーケティングやオンライン販売でAIを採用。
  • AIの進化について懸念もあり、性的に露骨な画像生成などの問題が浮上。
  • AI技術の発展に伴い、ディープフェイク画像が洗練され、偽情報の拡散や技術の悪用を防ぐ必要性が高まっている。

感想:

AI技術の進歩は目覚ましいものがありますが、その発展に伴う懸念も重要です。ディープフェイクや偽情報の問題は深刻であり、その対策が急務となっています。競争が激化する中、技術の利用には慎重さが求められます。


元記事: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/backstories/3322/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください