• 国家AI戦略、INDIAaiポータルなどの主要な取り組みが、ヘルスケア、教育、農業、製造業などの重要な分野でのR&Dを刺激し、AIの採用を奨励している。
  • IDCの報告によると、2027年までにインドのAI支出は51億ドルに達する可能性があり、2027年までにアジア太平洋地域で最も高いCAGRで成長する見込み。
  • AIソフトウェアセクターが全体の成長を牽引し、2027年までに260億ドルに達する見込み。
  • インドはAIインフラを改善し、AIインフラ提供に最も多くの支出を行っている。
  • インドでは、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、製造業、ヘルスケアがAI支出の上位を占めている。

私の考え: インドのAIへの支出が急速に拡大しており、政府の支援や企業の積極的な取り組みが成長を後押ししています。特に、ヘルスケアや製造業などの分野においてAIの導入が進んでいることが注目されます。将来的には、インドがAIの革新者として更なる成長を遂げることが期待されます。

元記事: https://indiaai.gov.in/news/huge-talent-base-and-strong-govt-support-to-take-india-s-ai-spending-to-5-bn-by-2027

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください