要約:

  • フィラデルフィアのVine Street Expresswayを巨大な公園に変えるアイデアをAIが提案
  • ジェファーソン大学の研究者らはAIを使用してフィラデルフィアに緑のインフラを提案
  • AIツールを使用して、環境への影響を考慮しながら都市インフラのデザインを行う
  • 学生らはAIプログラムを使用して、交通渋滞、公害、歩行可能性などの課題に対処するアイデアを開発
  • AIをコンセプトジェネレーターとして使用し、建築家が設計の環境的影響を把握するのに役立つ

感想:

都市インフラのデザインにAIを活用する取り組みは非常に興味深いと感じました。AIが環境への影響を考慮しながら都市の持続可能性を向上させるアイデアを提案することは、都市計画に革新をもたらす可能性があります。AIがアイデアを迅速に提供し、建築家が創造的なプロセスにおいて前進することを支援する一方で、伝統的なアーキテクチャプロセスとの組み合わせが重要であることも理解しました。


元記事: https://technical.ly/software-development/artificial-intelligence-art-design-architecture-thomas-jefferson/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください