Googleの生成AIに関する記事の要約:

  • GoogleはAIを製品群に組み込む取り組みを20年以上続けており、新興の生成AI分野でリーダーとしての地位を確立しようとしている。
  • Googleは2000年代にGoogle検索で機械学習技術を使用し、Google翻訳などのサービスを作成してきた。
  • GoogleはDeepMindを買収し、TensorFlowを導入し、2016年にCEOが「AIファースト企業」にすると宣言した。
  • Googleは2022年初にBardという初のAIチャットボットをリリースし、後にGeminiと呼ぶ大規模言語モデル群に統合した。
  • GeminiはGoogleの大規模言語モデルの名前で、GPT-4よりも強力とされており、テキスト、画像、音声、動画、コードを認識し、人間らしい応答を生成できる。

感想:

GoogleはAI分野でのリーダーシップを確立するために積極的な取り組みを行っている。Geminiの発展は注目に値し、他社との競争も激化しているようだ。Geminiの多様な用途と利点は、AI技術の進化が今後どのような影響をもたらすかを示唆している。Geminiの成長と発展が今後も注目される。

元記事: https://www.businessinsider.com/google-ai-gemini-bard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください