要約:

  • 最近、Alphabet、Amazon、Meta、Microsoftなどのテックジャイアントが合計約2000億ドルを投資することを約束。ほとんどがデータセンターやチップなどのインフラに投資。
  • これは昨年の投資額より45%増加しており、投資が収益を生むまで何年かかるか不透明。
  • テック企業は、OpenAI、Anthropicなどの基礎モデルメーカーにもベンチャーキャピタルを投入。
  • 過去の事例から、投資過多によるバブルの可能性が指摘されており、株価への影響が懸念されている。

感想:

AI技術の進化に伴い、テックジャイアントが大規模な投資を行っている様子が伺えます。過去の投資バブルを踏まえ、成熟した視点でリスクを考慮しながら進めることが重要です。テクノロジーの発展と市場のバランスを保つために、慎重な投資戦略が求められると感じました。


元記事: https://www.economist.com/leaders/2024/05/16/big-techs-capex-splurge-may-be-irrationally-exuberant

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください