• トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車が自動車内ソフトウェアの開発で協力する計画を検討
  • 米中の自動車メーカーが電気自動車のデジタル技術で進んでいる中、日本の自動車メーカーは競争に対抗するために協力を目指す
  • 自動車の基本機能を制御するソフトウェアが重要であり、自動車メーカーの競争力に直結
  • 基本プラットフォームの標準化やAPIの統一により、部品の取り付けや外部企業によるサービスの開発を促進する
  • 世界中で自動車のデザインと開発コンセプトが見直されており、協力の必要性が高まっている
  • 日本の自動車メーカーはソフトウェア開発の人材育成を重要視し、先端分野への従業員配属環境を整備

この記事から分かるように、トヨタ自動車、本田技研工業、日産自動車が協力して自動車内ソフトウェアの開発に取り組む計画を検討しています。日本の自動車メーカーは、米国や中国の競合他社に対抗するために協力し、ソフトウェア技術の重要性を認識しています。ソフトウェアの標準化やAPIの統一により、部品の取り付けや外部企業によるサービス開発が促進されることが期待されています。日本の自動車メーカーは、ソフトウェア開発の人材育成に注力し、協力体制を整えることで競争力強化を図る方針です。

元記事: https://japannews.yomiuri.co.jp/business/companies/20240516-186332/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください