• AIの急速な進歩と普及により、サイバーセキュリティの専門家たちに懸念が広がっている。
  • オープンソースコミュニティで開発されたアプリケーションはセキュリティ上の課題が多い。
  • AIはソフトウェアの一部であり、ITシステムの運用の一環であるため、ソフトウェア供給チェーンの一部として取り扱われるべきである。
  • ソフトウェア供給チェーンセキュリティは、ウェブアプリケーションやコマンドラインツールなどに限定されず、すべてのコンポーネントやプロセスを保護する必要がある。
  • AI供給チェーンの課題は、広範なソフトウェア供給チェーンの課題と同様であり、大規模言語モデル(LLMs)や機械学習(ML)モデルを組織のフレームワークに統合する際に複雑さが増す。

オープンソースAIツールやモデルが広く使用されるほど、セキュリティの脆弱性も増大するという逆の関係が指摘されている。この問題に対処するためには、AI供給チェーン内での強化された対策が不可欠である。

セキュリティを確保するためには、CISOやセキュリティチームが組織環境内のソフトウェアに関する情報を入手し、リスクに基づいた意思決定を行う必要がある。セキュリティに対するボランティアの取り組みだけに頼ることは持続可能性に欠ける。

自分の考え: オープンソースAIツールやモデルのセキュリティの脆弱性が普及度と関係している点は重要だと感じました。セキュリティの強化は今後ますます重要になるでしょう。

元記事: https://www.helpnetsecurity.com/2024/05/16/open-source-ai-security/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください