要約:

  • 経産省は基本エネルギー計画の見直しを開始
  • データセンターの需要増加と人工知能の普及に伴い
  • CO2排出削減に有効な原子力発電所と再生可能エネルギーの位置づけが焦点
  • 2030年までに再生可能エネルギー36-38%、原子力20-22%との目標
  • AIの普及で電力需要増加、データセンターや半導体工場建設に対応が必要
  • 情報処理量の増加で電力需要が拡大し、AIの国際競争力向上が重要

感想:

人工知能やデータセンターの需要増加により、エネルギー政策の見直しは重要です。CO2排出削減や電力供給の安定性に焦点を当てることが必要であり、再生可能エネルギーや原子力の役割が増しています。AIの普及による電力需要増加は課題ですが、技術開発や電力供給の拡充によって対応していく必要があります。

元記事: https://japannews.yomiuri.co.jp/business/economy/20240516-186298/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください