• 多くの退役軍人にとって、障害給付の申請プロセスは困難で、フラストレーションがたまり、時間がかかることがある。
  • マット・チャンピオン氏(スタンフォード大学院生、元アフガニスタン派遣軍人)は、初めての給付を受けるまでに26回の対面会議と3年以上の待ち時間が必要だったと語る。
  • チャンピオン氏の兄弟もまた退役軍人で、申請の手伝いとしてほぼ$20,000を支払った。
  • スタンフォード大学のハッカソンで、チャンピオン氏のチームは退役軍人が官僚的な手続きを簡略化する方法を考案した。
  • そのツールは、チャットボットを使用してプロセスを簡素化し、例えば、申請者に人体の図を示し、問題のある部分をクリックさせる。
  • このAIツールは、申請者の回答を退役軍人省(VA)が受け入れ可能な言葉に変換する。
  • 退役軍人省は、新しいAIツールについて、障害給付の申請を個別に評価し、プロセスの改善に取り組んでいるとの声明を出した。

感想:

  • 退役軍人が自らの国と戦わなければならないほど複雑で煩雑な給付申請プロセスは、改善されるべきであると強く感じます。
  • チャンピオン氏のような実体験に基づいた改革提案は、非常に有効であり、実際に利用者の立場に立ったサービス設計の良い例です。
  • 技術の進歩が、社会的な問題解決にどのように役立てられるかを示す好例であり、今後もこのような取り組みが広がっていくことを期待します。


元記事: https://www.northernpublicradio.org/2024-05-14/artificial-intelligence-may-help-to-make-the-va-claims-filing-process-easier

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください