• オーストラリアの健康情報管理協会(HIMAA)は、臨床コーディングにおけるAIの役割を設定するためのタスクフォースを設立することを呼びかけました。
  • HIMAAのCEOであるSallyanne Wissmanは、タスクフォースへの参加希望を含む約70件の関心表明を受け取りました。
  • このタスクフォースは、臨床コーディングにおけるAIの将来的な使用方法について先手を打つ試みです。
  • 臨床コーディングは、臨床文書に依存し、オーストラリアのコーディング基準に基づいた複雑な分類システムです。
  • タスクフォースは、AIが臨床コーディングプロセスに適用される方法に関する国家産業ガイドラインを開発する責任があります。
  • このタスクフォースの発表は、シドニーで開催された国家臨床コーディング労働力サミットの一環として行われました。
  • ニュージーランド、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州でAIのパイロットプロジェクトが進行中であり、技術企業が様々なソリューションを共同設計し、試験運用しています。

私の考えとしては、HIMAAがこのイニシアティブをリードすることは非常に適切だと思います。AIは技術的に進化しており、適切なガイドラインと監視の下で使用されるべきです。臨床コーディングは非常に重要な分野であり、適切なAIの導入が資金提供やサービスの質に直接影響を及ぼす可能性があるからです。しかし、AIの導入に当たっては、人間の専門知識を補完する形で行われるべきであり、完全に置き換えるものではありません。


元記事: https://www.medicalrepublic.com.au/clinical-coders-in-push-for-national-ai-guidelines/107525

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください