• 人工知能(AI)は、スマートなチャットボットや記事を書くアプリなど、私たちの生活にますます浸透している。
  • マイケル・シェーン博士(ワーヘニンゲン大学・研究員)は、植物のゲノム上のノンコーディングRNAを比較するAIツールを開発中である。
  • このツールは、例えば、干ばつや病気に強い新しい植物品種の開発を加速し、簡素化することが期待されている。
  • シェーン博士はこの研究のためにヴェニィ助成金を受けている。
  • ノンコーディングRNAは、たんぱく質を作る指示を含まないが、植物の外見や特性に影響を与える重要な役割を果たしている。
  • アラビドプシス・タリアナ(シロイヌナズナ)のノンコーディングRNAを特定したが、他のアブラナ科の植物との比較は困難である。
  • シェーン博士のプロジェクトでは、関連種からの知識を使用してノンコーディングRNAを特定する新しい方法を探求している。
  • 彼が開発中のツール「GeneSketch」は、異なるゲノムの対応する部分を見つけるために「Minimizer Sketch」という方法を使用している。
  • 「トランスフォーマー」技術を使用して、DNAのパターンを検出し、人間が理解できる言語に翻訳するモデルを開発している。
  • シェーン博士は、GeneSketchのプロトタイプをプロジェクト開始後1年で完成させることを目指している。
  • このツールは、研究セクターだけでなく農業産業にも役立つ可能性がある。

この記事から、AIが植物の遺伝的研究においても非常に重要な役割を果たしていることが分かります。特に、ノンコーディングRNAの理解を深めることは、植物の特性改善や新品種の開発に直接的に寄与する可能性があります。また、ゲノムの大規模なデータを効率的に分析する新技術の開発は、将来の生物学研究において重要な進歩をもたらすでしょう。

元記事: https://www.miragenews.com/ai-will-unravel-secrets-of-non-coding-genes-1235407/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください