• 2023年は人工知能(AI)の年と呼ぶにふさわしい年であった。
  • ChatGPT、Google Bard、Microsoft Copilotといった新技術の普及が、AIブームを牽引した。
  • 新技術に関する興奮と同時に、適切な規制がないAIの使用による潜在的なリスクに対する懸念が高まり、政府や民間企業が行動を起こした。
  • バイデン政権は、AIの安全で信頼性のある開発と使用に関する行政命令を発表し、AIの利用と管理を進めるための指針と優先事項を提供した。
  • 政府機関内でのAI使用に関する政策案が公開され、意見募集が行われた。
  • 国防総省は、責任あるAIとAIによる能力に焦点を当てたデータ、分析およびAI導入戦略を発表した。
  • 民間部門では、AI技術による著作権資産の侵害を防ぐための訴訟が増加した。
  • 特に、ChatGPTの開発者に対する著作権侵害の訴訟や、開発者の著作権コードを使用したAIコーディングツールに関する訴訟が進行中である。
  • 2024年にはAIの法的環境がさらに発展することが予想される。

この記事を通じて、AI技術の急速な進展とそれに伴う法的、倫理的な課題が浮き彫りになったことが分かります。特に、AIの安全な開発と使用に関する政府の取り組みや、民間部門での著作権を巡る訴訟は、今後のAI技術の適用範囲と規制のバランスを考える上で重要な指標となるでしょう。法律の専門家だけでなく、技術開発者や一般のユーザーも、AIの社会的影響と法的責任について意識を高める必要があると感じます。

元記事: https://www.crowell.com/en/insights/publications/artificial-intelligence-in-the-us-reactions-from-the-public-and-private-sectors

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください