• SmarterDxは医療請求の臨床レビューと品質監査を提供するヘルスケアAIスタートアップで、ニューヨークに拠点を置いています。
  • 同社はシリーズBの資金調達ラウンドで5000万ドルを調達し、これまでの総資金調達額は7100万ドルに達しました。
  • 創業者の一人であるマイケル・ガオ博士は、多くの病院が直面している大きな問題に気付き、2020年に設立しました。
  • ガオ博士によると、病院は収益サイクルに関連する管理タスクに年間3500億ドル以上を費やしており、その多くは臨床文書とコーディングの手作業による照合から生じるコストです。
  • SmarterDxはAIを利用して、すべての患者のチャートに対するセカンドレビューを支援し、病院の収益漏れを防ぎ、ケアの質を正確に表現することを目指しています。
  • 同社のアプローチは、専門家の専門知識を補完し、置き換えるものではないという考えに基づいています。
  • SmarterDxは大規模な急性期病院や健康システムを主な顧客としており、現在15の健康システムの顧客がいます。
  • 同社は成果報酬型のビジネスモデルを採用しており、CDIチームが承認した結果に基づいてのみ料金を支払います。

考察:

  • 医療分野におけるAIの応用は、非常に専門的な知識を持つ医師たちの負担を軽減し、より効率的な運用が可能になる点で大きな可能性を秘めています。
  • SmarterDxのようなスタートアップが提供する技術は、病院が直面する収益管理の課題を解決するための一助となり得ます。
  • AIによる自動化と精度の向上は、医療業界全体のサービス品質を向上させることが期待されます。


元記事: https://medcitynews.com/2024/05/healthcare-ai-revenue/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください