• GoogleはAIサービスのアップデートを発表し、マルチモーダル機能、モデル容量の向上、AIアシスタント、AIによる検索機能の強化に焦点を当てた。
  • スマートフォンやノートブックでのオンエッジAIの可能性を示すデモンストレーションが行われた。
  • 一部のユーザーは、サイト訪問時に毎回ユーザーIDとパスワードを入力しなくても済むよう、ログイン情報を保存することを好む。
  • この機能を有効にするには、ログインセクションで「ユーザーIDとパスワードを保存する」というボックスにチェックを入れる。これにより、使用中のコンピューターにパスワードが保存される。

感想:

GoogleのAIサービスの最新アップデートは、テクノロジーの進化が如何に日常のデバイスに深く統合されつつあるかを示しています。特にオンエッジAIの展開は、利便性とプライバシーのバランスを取りながら、より高速かつ効率的な計算を可能にする点で注目に値します。また、ログイン情報の保存機能はユーザビリティを高める一方で、セキュリティの観点からは慎重な管理が求められるでしょう。


元記事: https://www.digitimes.com/news/a20240515PD205/google-ai-gemini-gemma-llm.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください