“`html

  • メリーランド大学ロバート・H・スミス・ビジネススクールのエグゼクティブ教育部門が、公共部門や商業部門のプロフェッショナル向けに「大規模言語モデル(LLM)のトレーニングと開発」ワークショップを開始。
  • このワークショップは、2024年8月2日から23日までの毎週金曜日、午前9時から午後2時30分までメリーランド大学のカレッジパークキャンパスで対面形式で実施される。
  • 情報システムの准教授であるクンペン・ジャン氏が講師を務め、AIの技術的枠組みを深掘りする内容となっている。
  • ワークショップの利点として、業界特有の正確性、データのセキュリティとコンプライアンス、運用効率の向上が挙げられている。
  • Pythonに精通している参加者にとって理想的で、リアルタイムのコーディング演習を通じて知識を活用する機会が提供される。
  • 参加者は、カスタマイズされたLLMのデプロイ、LLMおよびトランスフォーマーの基礎の説明、トランスフォーマーベースのLLMの実装、事前訓練済みおよび微調整されたパラダイムを活用する能力が身につく。
  • 登録と追加情報については、「Large Language Model Training and Development」のホームページを参照。

大規模言語モデルのトレーニングと開発に特化したこのプログラムは、データサイエンティストやエンジニアが自分たちの業界や組織に特化したAIソリューションを開発する上で非常に重要です。特に、内部データを使用してトレーニングすることで、データのセキュリティや規制遵守を確保できる点は、公共部門やセキュアなデータ環境で働くプロフェッショナルにとって大きなメリットと言えるでしょう。

“`

元記事: https://au.finance.yahoo.com/news/umd-smith-launches-large-language-154600010.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください