• トンネル工事における機械・土木サービスの設置を革新するためのロボティクスおよびAIソリューションが開発された。
  • このプロジェクトには、Tunnel Engineering Services (UK) Ltd (TES)、i3D robotics (i3D)、製造技術センター (MTC)、Costain、VVB Engineeringが参加。
  • 自動トンネルロボット設置システム(ATRIS)は、ブラケットの選択から壁への取り付けまでを自動で行う。
  • 労働安全性の向上、作業時間の短縮、コスト削減が期待されており、労働者にとってのリスクも減少。
  • 完成後のシステムは、交通、水道、エネルギーなどのセクターでのトンネル建設に利用可能。
  • 生産性は40%向上し、新しい機械設備と電気設備の設置コストは30%削減、建設機械の動きは40%減少することで炭素排出も抑制される。
  • Innovate UKのSmart grantにより資金提供され、TESがコンセプト開発をリード。
  • MTCはロボットのエンドエフェクターの設計と製造を主導し、i3Dは正確なナビゲーションのための視覚化ソフトウェアを開発。

このプロジェクトによって、トンネル工事の安全性と効率性が向上し、将来のインフラプロジェクトにおいて持続可能でコスト効率の良い解決策が提供されることが期待されます。また、建設業界におけるロボティクスとAIの進展は、他の産業にも波及効果をもたらす可能性があります。


元記事: https://bdcmagazine.com/2024/05/new-project-aims-to-revolutionise-tunnel-infrastructure-installation-with-robotic-ai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください