• Sawaca Business Machines Ltd.は、化学品およびスクラップ取引部門で知られる企業が、IT分野への戦略的拡張を開始。
  • ドバイに拠点を置くTCS Information Technologyとのパートナーシップを通じて、AIを活用したサプライチェーン管理(SCM)ソフトウェアの開発を行う。
  • このプロジェクトには295万ドルが投資され、初期研究から最終展開までの各フェーズを支援。
  • 両社はドバイに合弁子会社を設立し、今後3年間で1500万ドル以上の大規模な注文の処理と実行を担当。
  • TCS Information Technologyは、Sawacaの20-25%の株式を取得する意向を表明。
  • ドバイは国際貿易と物流の重要拠点であり、中東および北アフリカの広範な貿易ネットワークを活用する上で有利な位置にある。
  • Sawacaは、財務の強さと市場パフォーマンスを背景にITへの拡張を進めており、特に資本利益率(RoCE)、自己資本利益率(ROE)、資産利益率(ROA)の向上が顕著。
  • 株式は強い上昇トレンドにあり、業界の同業他社と比較しても相対的に優れたパフォーマンスを示している。
  • このITへの転換は、運用効率の向上、新たな収益源の開拓、株主価値の向上に寄与すると期待されている。

この戦略的なIT拡張は、Sawacaの事業多角化だけでなく、新しい技術トレンドを活用する大きな一歩となるだろう。サプライチェーン管理の効率化にAIを活用するアプローチは、特に国際貿易が盛んな地域での競争力を高め、長期的な成功への自信を示している。また、財務安定性と市場での強いパフォーマンスは、投資家にとって魅力的な要素であり、今後の成長ポテンシャルが高いと評価できる。


元記事: https://www.goodreturns.in/news/sawaca-business-machines-partners-with-tcs-for-2-95m-ai-supply-chain-project-eyes-rs-125-crores-i-1346649.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください