• Dell Technologies Inc.は、Open Compute Projectによって設計されたハードウェアを取り入れ、冷却通路配置に対応した新しいPowerEdgeサーバーを発表しました。
  • クラウドサービスプロバイダー向けのPowerEdge R670 CSPおよびR770 CSP Editionサーバーは、改善されたパフォーマンスと新しい標準化されたサーバーアーキテクチャを提供し、展開とサービスが容易になります。
  • 小規模顧客およびエッジケース向けのPowerEdge T160およびR260サーバーは、以前のモデルの2倍のパフォーマンスをより小さいフットプリントで提供します。
  • これらのサーバーは、高密度でスケールアウトするクラウドワークロード(仮想化、分析など)に適して設計されています。
  • サーバーはSmart Cooling技術を特長とし、空冷、直接液体冷却、および浸漬冷却の選択肢を提供します。
  • 新しいIntel Corp. Xeon 6プロセッサは「効率コア」を使用し、より電力効率の高いCPUデザインの一部です。
  • Dell Open Server Managerを通じてリモートでの監視、管理、制御が可能です。
  • CSP Editionサーバーは、データセンターのハードウェア展開を最適化するOpen Compute ProjectのDC-MHS(Data Center – Modular Hardware System)アーキテクチャを導入しています。
  • PowerEdge T160およびR260は、持続可能な素材を使用し、物理的フットプリントを40%削減しています。
  • これらのサーバーは、Intel Xeon E-2400プロセッサを搭載し、前世代に比べてパフォーマンスが2倍になります。
  • PowerEdge R670およびR770 CSP Editionは、現在クラウドサービスプロバイダー向けに先行アクセスプログラムを通じて提供され、7月には一般提供が開始されます。PowerEdge T160およびR260は、今月から全世界で提供されます。

この記事から、Dellがサーバー技術の革新を進めていることが明らかです。特に、冷却技術とサーバーの物理的な最適化に注力しており、エネルギー効率とパフォーマンスの向上を目指しています。また、Open Compute Projectの規格を取り入れることで、ハードウェアの標準化とデータセンターでのサーバー統合が容易になる点も注目すべきです。これにより、将来的にはより柔軟でスケーラブルなデータセンター環境が実現されるでしょう。


元記事: https://siliconangle.com/2024/05/14/new-dell-servers-feature-optimized-cooling-open-compute-project-management/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください