サーバー技術に関する記事の要約

記事要約: Dell Technologiesの新サーバー

  • Dell Technologiesが新しいPowerEdgeサーバーを発表。
  • このサーバーはOpen Compute Projectによって設計されたハードウェアを採用。
  • PowerEdge R670 CSPとR770 CSPは、高密度でスケールアウト可能なクラウドワークロード向けに設計されている。
  • サーバーはスマート冷却技術を特長としており、空冷、直接液冷、浸漬冷却の選択肢を提供。
  • Intel Corp.のXeon 6プロセッサを搭載し、効率コアを使用して電力効率を向上。
  • Dell Open Server Managerを用いた遠隔監視、管理、制御が可能。
  • DC-MHSアーキテクチャを採用し、データセンターでのハードウェアの配置や最適化を促進。
  • PowerEdge T160とR260は、物理フットプリントを40%削減し、持続可能な材料を使用。
  • これらのサーバーはIntel Xeon E-2400プロセッサを搭載し、パフォーマンスを前世代の2倍に向上。
  • PowerEdge R670とR770 CSP版は、7月にクラウドサービスプロバイダー向けに全世界で発売予定。
  • PowerEdge T160とR260は今月中に全世界で発売予定。

感想

デルの新しいサーバーは、特にデータセンターの効率化と持続可能性に重点を置いている点が印象的です。Open Compute Projectの設計やDC-MHSアーキテクチャの採用により、将来の拡張性と柔軟性が保証されています。また、冷却技術に多様な選択肢を提供することで、さまざまな運用環境に適応できる設計となっており、これがクラウドサービスプロバイダーにとって大きな利点になるでしょう。


元記事: https://siliconangle.com/2024/05/14/new-dell-servers-feature-optimized-cooling-open-compute-project-management/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください