要約:

  • Red Hat Summitでは、オープンソースの未来の生成AIが提示された。
  • AIはオープンになり、開発者やコミュニティがモデルをトレーニングおよびチューニングできるようになる。
  • Red HatはGraniteファミリーの言語およびコードモデルをApacheライセンスの下でオープンソース化することを発表。
  • Generative AIの未来において、オープンソースのモデルとツールが重要であり、Red Hatはそれに注力している。
  • Generative AIの未来には、複数のモデル(一部はオープン、一部はプロプライエタリ)が使用される可能性がある。

感想:

Red Hatのオープンソース中心のアプローチは、生成AIの将来において重要な役割を果たす可能性があります。オープンソース化によって、開発者らがモデルをトレーニングしやすくなり、AIの進化を促進することが期待されます。将来的には、オープンソースモデルとプロプライエタリモデルの組み合わせが一般的となり、それぞれの強みを活かすことで企業が競争上の優位性を確保する可能性があります。


元記事: https://www.techtarget.com/searchenterpriseai/opinion/At-Red-Hat-Summit-2024-generative-AI-goes-open-source

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください