• 米国は中国との競争を包括的に捉えるべき
  • 米国と同盟国の幹部、公務員、軍人が国家安全保障の定義を広げるべきと結論
  • 米国政府関係者は中国への技術制裁を説明し、半導体取引を制限してAIモデルの軍事利用を阻止
  • 米軍や同盟国はAIモデルのトレーニングに共有すべきデータを保有
  • 技術的結束とスピードの革新はAIと政治領域における脅威を防ぐための重要な属性
  • 米陸軍は2024年中ごろに画期的なツールを導入し、様々な情報源をリアルタイムに統合した運用画像を作成予定
  • 中国は低品質な半導体を通じてAI技術を獲得し、クラウドコンピューティングを利用してAIモデルを訓練

この記事では、米国と同盟国が中国との競争を包括的に捉える必要性や、AI技術を巡る動向について述べられています。特に、米国政府が中国への技術制裁や半導体取引の制限を通じてAIモデルの軍事利用を阻止しようとしている点が強調されています。また、米軍や同盟国が共有すべきデータや新たなツールの導入など、AI技術を巡る重要な議論が行われていることが示唆されています。

元記事: https://www.afcea.org/signal-media/technology/ai-vs-national-security-plugging-hardware-data-and-software-leaks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください