• 日本の自動車メーカー、トヨタ、日産、ホンダなどが次世代車向けソフトウェア開発で協力
  • 経済産業省が自動車業界のデジタル変革戦略を発表予定
  • 自動車メーカーの協力を2030年代の次世代自動車開発の方向性とする

この記事によると、日本の主要自動車メーカーであるトヨタ、日産、ホンダなどが、次世代車向けソフトウェア開発において協力することが分かりました。経済産業省は自動車業界のデジタル変革戦略を発表し、2030年代の次世代自動車開発に向けて自動車メーカー間の協力を呼びかける予定です。

自動車業界における協力体制の構築は、技術分野での連携や競争力強化につながる可能性があります。特に、人工知能や半導体などの分野での知見を結集することで、次世代自動車の開発において日本の自動車メーカーが一層の進化を遂げることが期待されます。

元記事: https://asia.nikkei.com/Business/Automobiles/Toyota-Nissan-and-Honda-to-team-on-AI-and-chips-for-next-gen-cars

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください