要約:

  • パートナーシップ: Palo Alto NetworksとIBMがAI-Poweredセキュリティの提携を発表。パートナーシップ拡大の一環として、Palo Alto NetworksがIBMのQRadar SaaSアセットを取得し、QRadar SaaSクライアントをCortex XSIAMに移行する。
  • 製品アップグレード: AgileBlueがCerulean AI SecOpsプラットフォームの新バージョンを発表。インテリジェント・オートメーションと自律応答機能を導入。
  • GPTセキュリティリリース: Arkose LabsがGPTアプリケーション向けの保護対策を発表。新しい防御対策はAIを使用して企業が展開しているAIを保護する。
  • 産業認識: Driven TechnologiesがCisco XDR専門化を達成。Cisco XDRプラットフォームの機能と組み合わせることで、組織はセキュリティ環境の可視性を得て新興脅威に対応できる。
  • MSPパートナーシップ: LookoutがPax8と戦略的パートナーシップを形成。Lookout Mobile Endpoint SecurityをPax8 Marketplaceから直接取得可能に。
  • 脅威アラート: Microsoft Threat IntelligenceがStorm-1811を観察。Quick Assistを悪用して社会工学攻撃を行う。
  • セキュリティパートナーシップ: VAST DataがSupernaと提携。VASTの顧客に不変のデータ保護やリアルタイムの不審な行動検出を提供。
  • MDRコラボレーション: NCR AtleosがDeepSeasと提携し、グローバルクライアントにMDRなどのサイバーセキュリティサービスを提供。
  • サイバー攻撃の報告不足: VikingCloudが新しい調査結果を公表。40%のサイバーチームが職を失う恐れからサイバーインシデントを報告していない。
  • サイバー攻撃の長期化: Kaspersky Incident Response 2023レポートによると、2023年には5回以上のサイバー攻撃が1か月以上続いた。信頼関係の悪用が主な攻撃ベクトルとして浮上。

感想:

今回の記事では、AIを活用したセキュリティソリューションや新たな脅威への対応策、パートナーシップ、サイバー攻撃のトレンドなどが幅広く取り上げられています。特に、サイバーセキュリティの重要性が高まる中、企業や組織が新たな技術やパートナーシップを活用してセキュリティを強化する動きが目立ちます。サイバー攻撃の長期化や報告不足といった課題も浮き彫りになっており、今後のセキュリティ対策の重要性が改めて示されています。

元記事: https://www.msspalert.com/news/mssp-market-news-palo-alto-networks-ibm-agileblue-arkose-labs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください