要約:

  • BenQが新しいRD240Qを発表
  • RD240Qは16:10のアスペクト比と高度なコーディングモードを特長とするWQXGAディスプレイを搭載
  • RD240Qはプログラマーや開発者向けのモニターで、BenQ独自のFine-Coated Panelを採用しており、コーディングに最適な環境を提供
  • ユニークなコーディングモードやCoding HotKeyを備え、開発者の生産性向上をサポート
  • 24.1インチのディスプレイ、KVMスイッチ、多重ストリーム輸送、生産性ソフトウェアを備える
  • Night Hours ProtectionテクノロジーやBrightness Intelligence Gen2などの快適性機能を提供

感想:

RD240Qはプログラマーや開発者向けに設計された革新的なモニターであり、特にコーディング環境において優れた機能を提供しているようです。BenQのコーディングモードや快適性機能など、開発者の生産性向上に焦点を当てた設計が印象的です。また、16:10のアスペクト比やWQXGAディスプレイなど、コーディング作業をサポートする機能が多く搭載されている点も注目に値します。


元記事: https://cxotoday.com/press-release/benq-introduces-the-worlds-first-programming-monitor-series-with-launch-of-rd240q/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください