要約

  • Googleの共同創設者であるセルゲイ・ブリンが、今年のGoogle I/O開発者会議に登場した。
  • ブリンは過去にも同会議に出席しており、2012年にはGoogle Glassのパラシュートデモを実施したことで有名。
  • 今年の会議では、Project Astra AIソフトウェアのデモを披露し、AIが日常任務を支援する方法など、新しいAI製品の発表が行われた。
  • ブリンはAIの用途において「何かを身に着けること」がスマートフォンよりも理想的なハードウェアだと述べた。
  • Googleは、Gemini AIモデル更新など、AI製品群に重点を置いたプレゼンテーションを行った。
  • セルゲイ・ブリンはAI技術をプログラミングに「非常に多く使用している」と語り、これを「驚異的」と評価。
  • ブリンは一時的な引退から復帰し、AIの発展に再び関与していることに興奮を示した。

感想

  • セルゲイ・ブリンがAI技術に強い関心を持っていることが伝わり、彼がどのようにこの技術を見ているかが非常に興味深い。
  • プログラミングにAIを活用する点が特に印象的で、将来の開発においてAIがさらに重要な役割を果たすことが予想される。
  • ブリンがAIの「幻覚」問題に言及している点が注目される。この問題が今後どのように解決されるかが楽しみである。
  • AI技術の進歩によって、コンピュータ科学者としての再活動を楽しんでいるブリンの姿勢が非常にポジティブで、多くの技術者にとっても刺激になるだろう。

元記事: https://www.cnet.com/tech/mobile/was-google-glass-ahead-of-its-time-sergey-brins-take-on-googles-new-astra-ai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください