要約:

  • 国家サイバーセキュリティセンターのサイバーUK 2024会議で、テック大臣のSaqib Bhattiがスピーチ。
  • セキュリティを基本的な特徴として開発することが重要。
  • IoTデバイスの安全性向上のための新しい製品セキュリティ法が発効。
  • ソフトウェアセキュリティに取り組んでおり、新しいソフトウェアベンダー向けの行動規範を公開。
  • 人材育成として、CyberFirstプログラムの拡大やサイバーセキュリティ専門家向けのプロフェッショナルタイトルの導入が進行中。
  • サイバーセキュリティの将来に関する意見募集や新たなサイバースキルコンペティションの開催が発表。
  • サイバーセキュリティセクターが拡大し、UKのサイバーセキュリティセクターは好調に成長している。

感想:

サイバーセキュリティにおける重要な取り組みが行われていることが分かります。セキュリティをデザイン段階から考慮し、IoTデバイスの新法やソフトウェアセキュリティの取り組みなど、技術の安全性向上に焦点が当てられています。また、人材育成やプロフェッショナルタイトルの導入により、サイバーセキュリティ業界の発展が促進されることが示唆されています。UKのサイバーセキュリティセクターの成長や将来に向けた取り組みも期待されます。


元記事: https://www.gov.uk/government/speeches/improving-uk-cyber-resilience-ai-software-and-skills

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください