• OrangePi Kunpeng Pro 開発ボードが発表される
  • Huawei と Orange Pi のコラボレーション
  • AIプロセッサが統合され、KunpengチップがAI領域に進出
  • Quad-core 64-bit ArmプロセッサとAIプロセッサを内蔵
  • 詳細は非公開
  • 開発ボードは Raspberry Pi の代替品
  • 西側の検閲を避けるための戦術
  • 使用者向けに設計され、多様なユーザーベースを対象
  • openEuler OS、openGaussデータベースなどがプリインストール
  • Kunpeng Pro は Huawei Kunpeng CPU と AI FPGA プロセッサを使用
  • CPUはQuad-core ARMモデル、AI FPGA プロセッサは8 TOPS
  • Qualcomm の Snapdragon X Elite は 45 TOPS
  • Apple の M4 は 38 TOPS

考察:OrangePi Kunpeng Pro 開発ボードは、Huaweiの戦略として西側の検閲を避けるための手段として導入されている可能性があります。Huaweiは、制裁に直面しており、新たなチップ技術へのアクセスが制限されているため、独自のプロセッサやAIテクノロジーを開発していると考えられます。また、AI市場においてQualcommやAppleといったライバル企業との性能比較も行われていることから、競争が激しくなっていることが窺えます。

元記事: https://www.trendforce.com/news/2024/05/16/news-huawei-orangepi-introduced-kunpeng-pro-with-mystery-ai-processor-packaged-inside/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください