• トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が車載ソフトウェアの共同開発計画を検討
  • 米中自動車メーカーに対抗し、日本勢が協力アプローチを採用
  • 自動車の基本機能を制御するソフトウェアが競争力に直結
  • APIの標準化により業界参入の壁を下げ、外部企業によるサービス開発を促進
  • 自動車デザインと開発概念の改革に対応するため、協力の必要性が急務
  • 米テスラは車両ソフトウェアをインターネット経由で更新、中国は人工知能などを搭載
  • 日本自動車メーカーはソフトウェア開発能力の育成が重要課題

この記事では、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車が車載ソフトウェアの共同開発計画を検討していることが述べられています。日本勢は米中自動車メーカーに対抗し、協力アプローチを採用しており、ソフトウェアが自動車の競争力に直結していると強調されています。さらに、APIの標準化により業界参入の壁が下がり、外部企業によるサービス開発が促進される見込みです。自動車デザインと開発概念の改革に対応するため、協力の必要性が急務とされており、日本自動車メーカーはソフトウェア開発能力の育成が重要な課題として挙げられています。

元記事: https://japannews.yomiuri.co.jp/business/companies/20240516-186332/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください