要約:

  • 経済産業省は基本エネルギー計画の見直しを始め、人工知能の普及に伴いデータセンターが増加している。
  • 基本エネルギー計画は中長期のエネルギー政策の方向性を示し、3年ごとに更新される。
  • 見直しでは、温室効果ガス削減に効果的な原子力発電所と再生可能エネルギー源の位置付けが焦点となる見込み。
  • 2030年までに再生可能エネルギー源が総電力供給の36-38%、原子力発電所が20-22%を占めるよう求められている。
  • AIの使用が増加しており、大量の情報処理時には膨大な電力を消費するため、電力供給の安定がますます重要となっている。

考察:

日本のエネルギー政策は、温室効果ガス削減やエネルギー安定供給に向けた重要な課題に直面している。人工知能の普及に伴いデータセンターの需要が増加し、電力消費量の増加が懸念される中、再生可能エネルギー源や原子力発電所の位置づけが注目されている。また、AIの発展による国際競争力の向上も重要視されており、電力制約がこれを阻害しないよう、省電力技術の開発や電力供給の拡大などが検討される必要がある。

元記事: https://japannews.yomiuri.co.jp/business/economy/20240516-186298/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください