• 2019年3月、Aavenirが設立され、契約管理を革新するAIの力を活用するスタートアップとして誕生
  • 早期の困難は、耐久力と革新力における貴重な教訓となった
  • コスト効率の追求が重要で、GPUの入手が難しい状況下で効果的な技術開発が行われた
  • COVID-19パンデミックの影響を受けつつも、AI技術の発展を続け、2021年初頭にトランスフォーマーモデルへの移行を果たす
  • トランスフォーマーモデルの採用は大胆な一歩であり、成功を収める
  • ChatGPTの登場により市場の期待が大きく変化し、顧客から同様の機能の要求が増加
  • 独自のAIモデルをChatGPTに対抗するために開発し、データセキュリティにも配慮
  • 専門モデルの開発において、オープンソースモデルを活用し、特定のタスクにおいて汎用モデルを凌駕する成果を上げる
  • AIシステムの改良と洗練に挑戦し、リアルタイムでのフィードバックを取り入れる方針を採用
  • Observerモデルの導入により、顧客フィードバックの処理が効率化され、適切なモデルトレーニングが実現
  • 強化学習技術を活用し、実際のユーザー体験とフィードバックに基づいてAIの振る舞いを調整し、進化させる

私の考え:
AI技術の発展は急速であり、特に顧客フィードバックを取り入れながらシステムを改良し続けることが重要だと感じます。Aavenirの取り組みは、技術的な挑戦に直面しながらも、革新と成長を実現しています。AIシステムの信頼性と効率性を高めるために継続的な統合とテストが重要であり、今後も課題に取り組んでいく姿勢が素晴らしいと思います。

元記事: https://www.analyticsinsight.net/tech-news/story-of-production-grade-self-evolving-self-tested-llm-for-contracts-redlining-negotiations-and-risk-neutralization

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください