技術記事要約

  • テンセント・ホールディングスが自社開発のHunyuan大規模言語モデルを20%向上させる大幅なアップグレードを実施
  • テンセントは、テキストから画像生成を含むLLMの完全なソースコードを米国のオープンソースプラットフォームに公開
  • 最新のテキストから画像生成機能にはDiTモデルアーキテクチャが使用され、主要データベースは中国語である
  • テンセントとアリババは、自社のLLMをオープンソース化して、AI技術の発展に貢献
  • テンセントとアリババは2024年第1四半期に予想を上回る利益を報告

感想

テンセントとアリババの動きは、オープンソース技術を活用することでAI技術の進化を促進しており、OpenAIなどの先進的な生成AIツールに追いつくために重要な役割を果たしています。特に、中国語データベースを活用したテキストから画像生成技術の進化は注目に値します。また、企業の利益報告からも、AI技術の投資が成果を上げていることが伺えます。


元記事: https://www.thestar.com.my/tech/tech-news/2024/05/16/tencents-upgraded-llm-for-text-to-image-generation-released-on-open-source-platforms

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください