• AI技術は急速に進化しており、特に大規模言語モデル(LLM)の使用が進んでいる。
  • LLMは、書籍、トランスクリプト、スピーチ、記事、歌詞など、膨大なデータに基づいて訓練される。
  • AI音楽プログラムは、LLMを音楽データと共に使用し、AI作曲技術が急速に進化している。
  • 「Here & Now」のスコット・トングが、音楽産業におけるAIの影響について話を聞くため、バークリー音楽大学のベン・キャンプ教授を訪ねた。
  • キャンプ教授は「Beats and Bots」というコースを教えており、学生にAI音楽ツールの使用方法を教えている。
  • このセグメントは2024年5月15日に放送され、音声は間もなく利用可能になる。

【感想】

AIが音楽産業にもたらす影響は大きく、特に作曲技術の進化はクリエイティブな作業の枠組みを変えつつあると感じます。教育現場でAIツールが積極的に取り入れられている点も興味深いです。技術の進化に伴い、アーティストや教育者がどのように適応していくのか、そのプロセスを追い続けるのが楽しみです。


元記事: https://www.wbur.org/hereandnow/2024/05/15/ai-music-industry-songwriting

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください