• 数週間前、Best Buyは顧客サービス機能の変革にジェネラティブAIを導入する計画を発表しました。
  • Best Buyの取り組みは企業設定でのジェネラティブAIの展開を目指しており、生産性の向上と効率の改善を目指しています。
  • PwCの調査によると、米国の企業の73%が何らかの形でAIを採用しており、54%がビジネスの様々な領域でジェネラティブAIを具体的に実装しています。
  • ジェネラティブAIの利点にはリスクも伴い、敵対者は迅速に革新し行動しています。
  • ウェブスクレイピングは従来からビジネスにとって問題でしたが、ジェネラティブAIの登場により、スクレイピング技術はより進歩しアクセスしやすくなりました。
  • 逆プロキシサービスを使用した違法行為が増加しており、攻撃者が匿名で操作できるようになっています。
  • Arkose Bot Managerプラットフォームは、ボット検出機能とワークフロー異常やAPI計測検出機能を組み合わせてこれらの脅威と戦っています。
  • コンピュータビジョン技術がサイバーセキュリティの新たな役割を果たしており、これらの技術を利用してCAPTCHAを解除する攻撃が増加しています。
  • McKinseyの分析によると、ジェネラティブAIを展開することで企業が得られる年間総価値の75%が顧客オペレーション、マーケティングと販売、ソフトウェアエンジニアリング、研究開発の4つの機能によるものです。

ジェネラティブAIがもたらす便益とリスクの両面をどのように扱うかが、企業の大きな課題となっています。一方で生産性や効率の向上を図りつつ、もう一方で新たに生じる脅威から適切に防御するバランスを取る必要があると感じます。特に逆プロキシサービスを利用した攻撃やスクレイピング技術の進化は、企業のデータセキュリティにとって顕著なリスクとなるため、これらの問題に対処するための新たな対策の開発が急務であると思われます。

元記事: https://securityboulevard.com/2024/05/navigating-the-new-frontier-of-ai-driven-cybersecurity-threats/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください