• 米陸軍は、ソフトウェア開発と導入の近代化に向けて、新しい政策指針「Army Directive 2024-02」を承認した。
  • この政策には2つの主要な目標があり、一つ目はDevSecOps(開発、セキュリティ、運用を統合したソフトウェア開発手法)などの現代的なソフトウェア開発手法を制度化すること。
  • 二つ目の目標は、ソフトウェア開発ライフサイクルを支える制度的プロセスを大幅に見直し、現代的なアプローチの採用を加速すること。
  • この新政策には、12の異なるイニシアチブが含まれており、それぞれに野心的なタイムラインが設定されている。
  • ソフトウェア改革は、人工知能(AI)技術の採用プロセスにも影響を与える予定であり、100日と500日の実施計画が含まれている。
  • 陸軍はAIリスクフレームワークを近々発表する予定であり、既存のリスク管理フレームワークとの混同を避けるため、異なる名称を使用する。
  • 陸軍CIOオフィス内には、新しいソフトウェア開発アプローチを支援するためのソフトウェア管理および対応チーム(SMART)が設立される。
  • さらに、デジタル能力向上のための契約センター「Contracting Center of Excellence for Digital Capabilities」がメリーランド州アバディーン試験場に設立される。

新しい政策の導入により、ソフトウェア開発と導入のスピードが向上し、セキュリティを初期段階から組み込むことで、より安全なシステム構築が期待されます。また、AIやデジタルトランスフォーメーションの推進においても、これらの改革が重要な役割を果たすことになるでしょう。陸軍のこの動きは、他の軍部隊や政府機関にも影響を及ぼし、技術の近代化がさらに進む可能性があります。


元記事: https://www.afcea.org/signal-media/cyber-edge/us-army-gets-aggressive-software-reforms

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください