要約と感想

記事の要約

  • VEON Ltd.は、Beeline Kazakhstan、GSMA、バルセロナスーパーコンピューティングセンター(BSC-CNS)との間で、デジタルリソースが少ない言語のための人工知能と言語技術の開発に関する協力を探るための覚書(MoU)に署名しました。
  • この協力により、VEONが運営する国々の地域言語を含むリソースが不足している言語のための言語モデルとAIシステムのメカニズムと文書化の開発が焦点とされます。
  • 世界には約7000の言語がありますが、デジタルリソースが豊富な言語は7つのみです(英語、スペイン語、フランス語、中国語、アラビア語、ドイツ語、日本語)。他の言語のリソース不足は、AIアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを損なう原因となっています。
  • VEONは、カザフスタンのBeeline KazakhstanのIT子会社QazCodeが既にカザフ語AIモジュール「Kaz-RoBERTA-conversational」を発表しており、デジタルアプリケーションでの顧客サービスをサポートしています。
  • GSMAとBSCは、AI言語ギャップを埋めるために業界を呼びかけ、言語の多様性をAI技術に取り入れることの重要性を訴えています。

感想

  • AI技術の発展において、言語の多様性を保つことは非常に重要です。リソースが少ない言語をサポートすることで、より公平で包摂的な技術進化が可能となります。
  • このような国際的な協力は、技術的な課題だけでなく、社会的、文化的な課題にも対応するための良い一歩と言えるでしょう。
  • 各組織の専門知識とリソースを組み合わせることで、AIと言語技術の未来がより明るく、アクセスしやすいものになることを期待します。


元記事: https://www.veon.com/newsroom/press-releases/veon-and-beeline-kazakhstan-partner-with-gsma-and-barcelona-supercomputing-centre-to-support-use-of-ai-in-local-languages

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください