技術記事の要約

技術記事の要約

  • スコットランドのAI企業であるMalted AIは、大規模モデルから抽出された出力を小規模モデルに蒸留する技術を開発している。
  • 同社は、一般的な大規模言語モデル(LLM)の問題点を解決し、特定のドメインに特化した小規模言語モデル(SLM)を用いて10-100倍のコスト削減を実現。
  • 2023年に設立され、2024年内にさらなる展開を計画している。
  • 経済と法律の企業での初期パイロットではすでに技術が使用されている。
  • €6.9 millionのシード資金を調達し、研究、製品開発、採用に投資予定。
  • 創設者は2022年のAmazon Alexa Prizeで優勝経験があり、AI革新における豊富な経験を持つチームで構成。
  • Hoxton Ventures、Creator Fund、エンジェル投資家からの支援を受けている。

個人的な感想

Malted AIは、AI技術の効率化と専門化を推進しており、特に企業が直面する複雑な課題に対応するための革新的な解決策を提供している点が印象的です。大規模なモデルの問題点を効果的に解決し、より具体的なタスクに特化した小規模モデルの開発に注力することで、AIの実用性をさらに高めることができると考えます。また、優れた技術力を持つチームによる研究と製品開発の進展にも期待が持てます。


元記事: https://www.eu-startups.com/2024/05/edinburgh-based-malted-ai-closes-e6-9-million-to-tackle-the-error-rates-and-computing-costs-associated-with-llms/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください