技術記事の要約

技術記事の要約

  • フィンランドのスタートアップ「Silo AI」が多言語対応の新しい大規模言語モデル「Viking 7B」を発表。
  • 「Viking 7B」はデンマーク語、フィンランド語、アイスランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、英語、プログラミング言語をカバー。
  • 北欧言語において最高クラスのパフォーマンスを実現し、英語の出力品質を損なうことなく運用可能。
  • Silo AIのCEO、Peter Sarlinは、EUの公式言語すべてに対応した言語モデルを開発するための重要なステップであると述べた。
  • データが少ない言語に対しても、最適化されたモデルアーキテクチャや翻訳ペアを活用する技術を用いて性能向上を図る。
  • 将来的には、13Bおよび33Bパラメータを持つモデルのリリースも予定。
  • モデルはヨーロッパ最強のスーパーコンピュータ「LUMI」で訓練され、リソースの効率的な使用が計画されている。

個人的な感想

「Viking 7B」のリリースは、多言語対応AIの分野で非常に重要な進展を示しています。特に、リソースが限られている言語に対して高性能なモデルを提供することは、言語間のデジタル格差を縮める一助となるでしょう。また、EUのデジタル主権を強化するという観点からも、このような技術の発展は歓迎されるべきです。今後のバージョンアップによる更なる性能の向上が期待されます。


元記事: https://thenextweb.com/news/silo-ai-launches-multilingual-viking-llm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください