• イギリス政府はAIモデルのハッキングや破壊行為からの保護を強化するための新たな基準を設定することを目指す新措置を発表。
  • 技術大臣サキブ・バッティが、サイバーセキュリティ会議CYBERUKで、AIモデルとソフトウェアのサイバーセキュリティを向上させるための2つの実践コードを発表。
  • これらのコードは、製品が改ざん、ハッキング、破壊行為に対して強固であるよう要求し、産業全体でのAIモデルの信頼を高めることを目指す。
  • 過去12ヶ月で、企業の半数(50%)と慈善団体の3分の1(32%)がサイバー侵害または攻撃を報告。フィッシングが最も一般的な侵害の形態。
  • 新しいコードは、ソフトウェアが安全に構築される方法を示し、MoveITソフトウェアの攻撃のようなインシデントを防ぐことを目指す。
  • 新たな報告によると、サイバーセキュリティ部門は前年比13%増の成長を遂げ、約120億ポンドの価値があるとされる。
  • 新しい実践コードによりAIとソフトウェアのサイバーセキュリティが改善され、新しい政府のサイバースキルに関する行動がサイバーワークフォースの育成を支援。
  • 今日発表された「Capability Hardware Enhanced RISC Instructions (CHERI)」レポートは、新しいマイクロプロセッサ技術「マジックチップ」を紹介。これは、現在のサイバー攻撃の最大70%を防ぐための進んだメモリ保護を統合。
  • 政府は、260,000人の学生に技術スキルを向上させたCyberFirst計画の影響を拡大するための意見募集を開始。

この記事から、イギリスがAIとサイバーセキュリティの分野でどのようにグローバルなリーダーシップを目指しているかが明らかです。特に、AIモデルの設計段階からのセキュリティ組み込みを推進する新コードの導入は、今後の国際基準の形成にも寄与する可能性が高いと考えられます。このような動きは、技術の進歩と共に高まるサイバー脅威に対して、より効果的に対応するための重要なステップと言えるでしょう。

元記事: https://www.gov.uk/government/news/developers-given-new-tools-to-boost-cyber-security-in-ai-models-as-cyber-security-sector-sees-record-growth

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください