• 中国の大規模AIモデルの産業応用は近年急速に発展している。
  • 例えば、中国のテクノロジー企業である盛数科技と清華大学は、一回のクリックで16秒間の1080pビデオクリップを生成できるテキストからビデオへのAIモデル「Vidu」を開発した。
  • 2024年北京国際自動車展示会では、AIシステムを統合した複数の新型車が発表され、多感覚のインタラクションと自動運転機能によって運転体験が向上した。
  • 中国では200以上の大規模AIモデルが開発され、様々なセクターにまたがり、応用シナリオが拡大している。
  • 中国の大規模AIモデルは自然言語処理、機械視覚、マルチモーダル能力などの技術分野で急速に進展している。
  • 企業、大学、研究機関の共同努力により、中国は理論的方法、ソフトウェア、ハードウェア技術を含む体系的なR&D能力を開発している。
  • 中国の大規模AIモデルの産業応用は、汎用AI能力プラットフォーム(ジェネラル・ラージスケールモデル)の開発と特定産業向けモデルの開発の二つの主要な道を辿っている。
  • 中国のデジタル経済の発展は、新技術の応用による市場の拡大と競争を促進する。
  • 大規模AIモデルは、クラウドサイドモデルとエッジサイドモデルに分類される。
  • 中国のスマートフォン市場、スマート車両、産業応用がAI技術の重要な推進力となっている。

中国のAI技術の急速な発展とその産業応用の拡大は、グローバルな競争において中国が一定の優位を保つことを可能にしています。特に、教育、医療、自動車産業など多様な分野での応用は、その技術の汎用性と専門性のバランスを示しています。しかし、これらの技術がもたらす社会的、倫理的な課題にどのように対応するかが今後の大きな課題となるでしょう。


元記事: http://en.people.cn/n3/2024/0515/c90000-20169892.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください