• 来月、GoogleのGemini AI基盤モデルのアップデートと新しいAI StudioおよびVertexの機能が導入され、既存のバージョンよりも高度なアプリケーションワークフローをより効率的にサポートすることを目指している。
  • アップデートされたGoogle Gemini 1.5 Proの大規模言語モデル(LLM)は、200カ国でのプレビューが利用可能で、6月に一般提供が開始される予定である。このモデルは、コンテキストウィンドウで最大100万トークンをサポートする。
  • Google AI StudioとVertex AIの開発者ツールのユーザーは、今年後半に予定されている最大200万トークンのサポートのプレビューのためのウェイトリストに今週登録できる。
  • GoogleのGemini APIとサービスには、今週、開発者向けに新機能が追加された。これには、コンテキストキャッシングなどが含まれ、大規模なデータセットを繰り返し送信することなく、モデルトレーニングやプロンプト作成をより効率的にすることができる。
  • 新しいバージョンのGemini、Gemini 1.5 Flashは、より軽量で低コストなLLMを提供するために、データ分析能力をより速い回答に最適化する蒸留技術を使用している。
  • オープンソースのAI分野では、Googleの27ビリオンパラメータのGemma 2や、ビデオ生成用に微調整されたモデルであるPaliGemmaなど、新しいバリエーションが登場している。

この記事から、GoogleがAI技術の拡張に力を入れていることが明らかである。特に、コンテキストウィンドウの拡大や、新しいLLMの導入により、より高度で複雑なタスクを効率的に解決できるようになる可能性がある。しかし、これらのモデルが実際の生産環境でどの程度効果的に機能するかは、今後の動向を見守る必要がある。


元記事: https://www.techtarget.com/searchsoftwarequality/news/366585335/What-Google-Gemini-AI-updates-mean-for-software-developers

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください