• 中国の技術会社は、データリソースと産業応用シナリオへのアクセスがより優れているため、計算能力とアルゴリズムの向上に投資を強化し、高品質なトレーニングデータを蓄積することで、世界のAI競争で優位に立つべきであると業界の専門家が述べています。
  • OpenAIによって最新の大規模言語モデルGPT-4oが発表され、世界的な感動を呼んでいます。このモデルは、視覚と音声の理解が向上し、人間と機械とのインタラクションをより自然で簡単にしています。
  • GPT-4oは50の異なる言語を処理でき、応答時間が速く、すべてのユーザーに無料で提供されます。
  • 中国の専門家は、テキスト、画像、オーディオ、ビデオなど、複数のモダリティにわたってコンテンツを処理・生成できるマルチモーダルLLMが、生成AI業界のさらなる発展をリードし、より広範な分野に応用可能であると述べています。
  • 中国の技術会社は、独立した革新能力を強化し、計算力チップやプログラミングソフトウェアに更なる投資を行うべきであると同時に、数学、統計学、コンピュータ科学を含む基礎科学研究にも更に投資するべきだと述べています。
  • アリババクラウドは、自社のLLMの最新バージョンであるTongyi Qianwen 2.5を発表し、その能力がOpenAIのGPT-4 Turboモデルを超えたと発表しました。
  • 中国のメジャーなAI企業は、豊富なデータリソースと多様な産業応用シナリオを活かし、AIチップやクラウドサーバーを含むコア技術の突破口を開くために、アルゴリズムの最適化、専門人材の育成、国際的な先進AI企業との協力拡大にもっとリソースを集中すべきであると述べています。
  • AIモデルの使用には倫理、著作権保護、プライバシー保護、データセキュリティの問題が伴い、技術の健全な発展を保証するための規則や規制を策定するために更なる努力が必要です。

考え方:

  • 中国のAI技術の発展には、国内の豊富なデータ資源と産業応用のシナリオが大きな利点となっていますが、基本的なAI研究やチップ、アルゴリズムなどの重要な技術では米国に遅れをとっています。
  • 中国がAI技術で世界をリードするためには、基盤技術の独自開発と革新を強化し、教育と国際協力にも力を入れる必要があります。
  • AIの倫理的な側面やセキュリティの問題に対処するためには、国際的な協力と規制の整備が急務であると考えます。


元記事: https://www.chinadaily.com.cn/a/202405/15/WS6643f011a31082fc043c718a.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください