• 2024年5月14日、オレゴン州ポートランド – SensiML Corporation(QuickLogicの子会社)は、人気のあるAnalytics Studioアプリケーションを用いたエッジAI/MLアプリケーション開発のための完全なオープンソースAutoMLソリューションを提供する最初の企業として、TinyML市場に変革をもたらすことを発表しました。
  • AutoML(自動機械学習)は、機械学習モデルの作成プロセスを簡素化し、大幅に加速させることで、専門的なデータサイエンス知識がない開発者にも機械学習をよりアクセスしやすくします。
  • IoTのマイクロコントローラーやエッジSoCsのMLモデルを構築することは、限られたメモリと計算能力を持つデバイスのためのデータサイエンスと組み込みコードの最適化を組み合わせる必要があるため、特に複雑です。
  • SensiMLのオープンソース提供は、IoTデバイス開発者のグローバルコミュニティに向けて創造性、イノベーション、AIコードの透明性を向上させることを約束しています。
  • ABIリサーチによると、2027年までに35億台のAI対応エッジデバイスが市場に出ると予測されています。
  • Analytics Studioは、IoTエッジデバイスの広範なリアルワールドアプリケーション例にインテリジェントなセンシング機能をもたらします。
  • オープンソースとデュアルライセンスモデルへの移行により、SensiMLは7年以上にわたって構築された基本コードベースを、共同改善と貢献のために開発者コミュニティに提供しています。
  • SensiMLは今夏初めに公開GitHubリポジトリとAutoMLエンジンのドキュメントを公開予定です。

感想:

  • SensiMLのオープンソース戦略は、エッジAI/MLの開発を民主化し、技術革新を加速する大きな一歩だと思います。
  • この動きは、開発者がより容易にアクセスし、協力して改善することができるため、エッジデバイスでのAI利用の普及が期待されます。
  • 市場の急成長とともに、SensiMLのような企業が新しい標準を設定し、業界全体の革新を推進していくことが重要です。


元記事: https://www.datanami.com/this-just-in/sensiml-launches-first-complete-open-source-automl-solution-for-edge-ai-ml-development/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください