• Geminiモデルファミリーについてのアップデートが導入され、新しい軽量モデル「1.5 Flash」やAIアシスタントの未来に向けた「Project Astra」が発表されました。
  • 「Gemini 1.0」が最初に導入され、その後「1.5 Pro」がリリースされ、パフォーマンス向上と100万トークンの長いコンテキストウィンドウが特徴です。
  • 新しい「1.5 Flash」は「1.5 Pro」よりも軽量で、高速で効率的なサービス提供を目指して設計されています。
  • 「1.5 Pro」と「1.5 Flash」は、100万トークンのコンテキストウィンドウで公開プレビューが可能で、さらに「1.5 Pro」は200万トークンのコンテキストウィンドウで開発者とGoogle Cloudの顧客に提供されています。
  • 「Gemma 2」という次世代のオープンモデルが発表され、パフォーマンスと効率の向上が図られています。
  • 「Project Astra」は、AIアシスタントの将来を形成するためのプロジェクトで、リアルタイムでの対話や理解が求められる複雑なタスクを処理する能力が強化されています。

この技術アップデートにより、AIモデルの能力が大幅に拡張され、ユーザーがより複雑なタスクを効率的に処理できるようになると思います。特に「1.5 Flash」の導入により、高速でコスト効率の良いモデルが提供されることで、さまざまなアプリケーションでの利用が期待されます。また、「Project Astra」の進展は、AIアシスタントの実用性と応答性を向上させる重要なステップであると感じます。


元記事: https://blog.google/technology/ai/google-gemini-update-flash-ai-assistant-io-2024/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください