• Google I/O 2024では、AIについて合計121回言及された。
  • CEOのSundar Pichaiがプレゼンテーションの最後にその数字を引用。
  • Googleは、Android、Search、Gmailを含むほぼ全てのサービスにLLMベースのプラットフォーム「Gemini」を統合している。
  • Googleは、AIによる言及回数を数えるためにGeminiを使用。
  • 同社は近い将来、より多くの開発者に対してGemini Nanoモデルを開放する予定である。
  • 新しいAIニュースレターを開始し、6月5日から配信を開始する。
  • AIの機能を既存および新規アプリケーションに迅速に組み込むためのオープンソースフレームワーク「Firebase Genkit」が発表された。
  • GoogleのAIチップ「Tensor Processing Units (TPU)」の次世代が発表された。
  • Googleは、Geminiをアップグレードし、よりアンビエントで文脈に即した有用性を提供する機能を追加した。

【感想】

Google I/O 2024でAIが中心的なテーマとして扱われたことは、技術の進化とともにその重要性が高まっていることを示しています。特に、全サービスにわたってAIを統合するGoogleの取り組みは、今後の技術の方向性を示唆していると感じます。また、開発者向けのリソースを拡充することで、より多くの革新が期待できるでしょう。

元記事: https://techcrunch.com/2024/05/14/google-mentioned-ai-120-times-during-its-i-o-keynote/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください