• AI技術がサイバーセキュリティの専門家にハッカーや詐欺師、不満を持つ従業員からの脅威に対する優位性を提供している。
  • フィッシング、マルウェアの植え付け、ソーシャルエンジニアリングを通じた侵入など、脅威のアクターは常にシステムへの侵入方法を探している。
  • AIは、より一般的なブルートフォース攻撃、ランサムウェア、フィッシングだけでなく、ソーシャルエンジニアリングを通じた侵入も向上させている。
  • 声のクローニングや深層偽造(ディープフェイク)などの技術が進化しており、実際の人物と見間違うほどリアルな偽造が可能になっている。
  • マイクロソフトはVASA-1をリリースし、静止画を動画に変換する先進的な生成AI技術の実証を示している。
  • OpenAIはAIベースのサイバーセキュリティ技術を開発するための新しいプログラムの概要を提供する助成プログラムを発表した。
  • サイバーセキュリティの専門家はAIの支援を受けながら、攻撃に先んじて対策を講じ、セキュリティ維持に努める必要がある。

サイバーセキュリティにおけるAIの活用は、防御だけでなく攻撃側でも進化していることが示されている。AIがもたらす効率化・高度化は、脅威に対抗する上での重要な鍵となるが、同時に新たなリスクも生み出している。技術の進展に伴い、倫理的な観点からの検討も急がれる状況だ。


元記事: https://www.smartbrief.com/original/ai-on-both-sides-of-the-cybersecurity-fence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください