記事の要約

  • 大手法律事務所では、近年データサイエンティストや機械学習エンジニアの採用が増加している。
  • 特にLatham & Watkins、Cleary Gottlieb Steen & Hamilton、DLA Piper、Reed Smithは、新設された技術専門職に人材を採用。
  • これらの法律事務所は、法律技術の最大の購入者としての地位を活用し、AI駆動のサービスが自社のニーズに合うようにベンダーの開発を影響している。
  • 法律家と技術者間の言語の障壁を埋めるために、多くのグローバルな法律事務所がデータサイエンティストと機械学習エンジニアを採用している。
  • Morgan, Lewis & Bockiusは、AIおよびイノベーションのディレクターを募集中であり、Thomson Reutersとのパートナーシップを持っている。

感想

法律業界においてもデジタルトランスフォーメーションが進んでいることが伺える。特に、AI技術を取り入れた法律サービスの開発に積極的な動きが見られるのは興味深い。これにより、法律サービスの効率化や精度の向上が期待されるが、同時にこれらの技術を適切に管理し、法的な枠組み内で活用するための新たなルール作りも重要になるだろう。

元記事: https://www.law.com/americanlawyer/2024/05/14/big-laws-ai-talent-war-aims-to-influence-software-development/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください