• 第三者のAIツール、例えば大規模言語モデル(LLMs)やアプリケーションプログラミングインターフェース(APIs)を使用して製品開発を行う企業向けの注意点が提案されています。
  • CooleyのパートナーであるTracy Rubinがビジネスにこれらのツールを統合する前に考慮すべき5つの主要な点を説明しています。
  • 「Cooley’s AI Shorts」はAIと法律の間の複雑な関係をナビゲートする短く簡単なエピソードで、データプライバシー、規制、雇用問題などが含まれます。
  • このコンテンツは一般的な情報提供のみを目的としており、法的または他の専門的なアドバイスとはみなされません。
  • Cooleyとの間には、このコンテンツの使用やアクセスによって弁護士-クライアント関係が生じるわけではありません。
  • 法的なアドバイスを受ける際は、管轄区域で認可された資格のある弁護士に相談すべきです。
  • 提供される情報は変更されることがあり、最新の法的動向を反映していない可能性があります。

意見:

  • AIツールの導入を考慮する際には、法的な側面も重要であり、専門家の意見を参考にすることが非常に重要だと感じました。
  • 技術だけでなく、法的リスクも考慮に入れるべきで、そのためには信頼できる情報源や専門家の助言が不可欠です。


元記事: https://www.cooley.com/news/insight/2024/2024-05-14-five-considerations-for-leveraging-thirdparty-ai-tools-to-develop-products

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください