• サイバー保険市場は未熟ながらも、リスク評価について理解を深めつつある。
  • 保険会社はCISOからのアンケートに頼るだけでなく、組織の内部セキュリティ姿勢と連携した外部セキュリティスキャンやクラウドメトリクスを取り入れ始めている。
  • Google Cloudのビジネスリスクおよび保険の責任者であるMonica Shokraiによると、クラウドの使用が多いほどセキュリティが向上し、リスクが低減されるため、保険の査定と価格設定に反映され始めている。
  • AIに対するサイバー保険業界はまだ不確かな反応を示しており、AIのリスク評価や将来の損失見積もりにどう対応すべきか検討中である。
  • Google Cloud Risk Protection Programは、セキュリティデータの保険会社への共有を効率化している。
  • サイバー保険のカバレッジとポリシーの不明瞭さについてのコンセンサスが欠如している。
  • サイバーポリシーにおけるAIの明示的な含/除外の必要性がある。

サイバー保険市場におけるAIの取り扱いにはまだ明確な基準が確立されておらず、その影響をどのように評価し、価格設定に反映させるかが課題であると感じます。AI技術の進展とともに、これからの数年でどのような方向性を持つかが業界の重要な焦点となるでしょう。また、Google Cloud Risk Protection Programのような取り組みが、保険業界におけるデータ共有とリスク管理の進化に寄与すると期待されます。

元記事: https://www.govinfosecurity.com/cyber-insurers-embrace-cloud-metrics-prepare-for-ai-impact-a-25185

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください